産後ダイエット妊娠期間中編

産後ダイエットの方法は、妊娠期間から考える必要があるため、産後ダイエットにより大切な赤ちゃんへ及ぼす直接・間接的な影響に注意を払う必要があり、通常のダイエットとは異なることを理解した上で、産後ダイエットを行う必要があります。

妊娠中は出産後の産後ダイエットの事前準備として考え、自分の健康管理とあわせお腹の赤ちゃんにも気を配りながら、産後ダイエットが既にスタートしていることを自覚して進めていきましょう。

妊娠中の体重管理は、出産後の産後ダイエットを取り組む上でも重要です。

お腹の赤ちゃんや羊水、胎盤なども含めて+10kg以内に抑えるように心がけます。

妊娠初期の場合は吐き気・ムカツキなどにより食欲不振が続きますが、安定期に入ると食欲も旺盛になり、産後ダイエットも後のことと捕らえがちになり、ついつい食べ過ぎにより太り過ぎや妊娠中毒の心配も出てきますので、産後ダイエットのことを考え体調と相談しながら散歩などの運動をするのが良いでしょう。

また産後ダイエットのためにも食事面での脂肪分を控え、良質のタンパク質ミネラルカルシュウムビタミンの摂取に心がけた、栄養バランスの良い食事を行う事で、産後ダイエットも効率的に効果が上がってきます。

posted by フウフウ at 10:46 | 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。