産後ダイエット出産後編

産後ダイエトットでの食事は、妊娠中と同様に良質タンパク質やカルシュウム、鉄分、食物繊維などをしっかりと摂取し、間食を控えた規則正しい食事で産後ダイエットに臨むように心がけましょう。

特に産後の授乳時期にはつい食欲が進んでしまい、カロリーを多く摂取する事となりがちなため、産後ダイエットには散歩など適度な運動によりカロリーを消費する必要もありますが、産後ダイエットでは無理をせずに体調に気を付けながら、場合によっては医師と相談した上で産後ダイエットのメニューを進めてください。

また赤ちゃんへの授乳は消費カロリーも大きく、側面的に産後ダイエットとしての効果もあります。

産後ダイエットでは、カロリーを消費して脂肪を減らす事とは別に、体型を元に戻すという大切なことがあります。

産後ダイエットにより体型も変化していきますので、出産後からはサイズ調整が可能な下着の着用や、ガードルなどの補正下着の着用も産後ダイエットには効果的となります。

元のスタイルを取り戻し、内臓の保護や子宮収縮補助、広がった骨盤矯正といった役割も一緒に果たしてくれます。

出産から半年は産後ダイエットの効果が最も期待できますので、焦らずにコツコツと産後ダイエットを行うのが大切です。

posted by フウフウ at 10:47 | 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後ダイエット妊娠期間中編

産後ダイエットの方法は、妊娠期間から考える必要があるため、産後ダイエットにより大切な赤ちゃんへ及ぼす直接・間接的な影響に注意を払う必要があり、通常のダイエットとは異なることを理解した上で、産後ダイエットを行う必要があります。

妊娠中は出産後の産後ダイエットの事前準備として考え、自分の健康管理とあわせお腹の赤ちゃんにも気を配りながら、産後ダイエットが既にスタートしていることを自覚して進めていきましょう。

妊娠中の体重管理は、出産後の産後ダイエットを取り組む上でも重要です。

お腹の赤ちゃんや羊水、胎盤なども含めて+10kg以内に抑えるように心がけます。

妊娠初期の場合は吐き気・ムカツキなどにより食欲不振が続きますが、安定期に入ると食欲も旺盛になり、産後ダイエットも後のことと捕らえがちになり、ついつい食べ過ぎにより太り過ぎや妊娠中毒の心配も出てきますので、産後ダイエットのことを考え体調と相談しながら散歩などの運動をするのが良いでしょう。

また産後ダイエットのためにも食事面での脂肪分を控え、良質のタンパク質ミネラルカルシュウムビタミンの摂取に心がけた、栄養バランスの良い食事を行う事で、産後ダイエットも効率的に効果が上がってきます。

posted by フウフウ at 10:46 | 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後ダイエットについて

産後ダイエットは、大半の女性にとってとても大切な課題です。

産後ダイエットについては出産後、おおよそ6ケ月までが大切と言われていますが、出産直後から3週間程度は体調も本来の調子ではありませんので、産後ダイエットを始めるのは1ケ月経過後の体調をみて始めるのが良いでしょう。

妊娠によって体に蓄えられた脂肪は、産後6ケ月までが産後ダイエットでの効果が高く、脂肪が落としやすい傾向にありますが、それ以降になると産後ダイエットを取り組んでも、脂肪は落ちにくい傾向にあるようです。

したがって産後ダイエットでの効果が期待できる実質期間は、出産から5ケ月程度となりますので、この間に頑張って産後ダイエットを行わないと、出産前の体型は遠い過去の思い出になってしまいます。

ただし出産以前の体型に戻りたいのであれば、出産後の産後ダイエットにばかりに気を

取られていると、思わぬ失敗をしてしまいます。

産後ダイエットは妊娠中の栄養管理体調管理など、すでに出産前から始まっていますので、妊娠が判明した時点で産後ダイエットはスタートしていると考える必要があります。

posted by フウフウ at 10:45 | 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。